Mypace-Taiwan

自分の勉強も兼ねて中国語の紹介記事、台湾記事、思ったこと等をを赤裸々に綴っていきます。

「日韓台中」それぞれの男子に多い髪型を僕的に分析してみた。

こんにちは、안녕하세요、你好、臭豆腐です。

 

 

 

時代の流れともに流行するものがあり、廃れてゆくものもありますよね。特に今は流行りやすく廃れやすい時代ではないでしょうか。爆発的に流行ったものは、半年経つといつの間にか忘れられたりします。

 

 

 

 

 

僕世代の若者はファッションに敏感で、服、ズボン、バッグなど、流行りだすとみんながみんな持ち出したりします。しかし、ある部分は短いスパンで流行が入れ替わりしません。それが髪型です。散髪は大体2か月に一回、多い人でも1ヶ月に一回なので、髪型をころころ変えないと思います。キムタク仕様のロン毛が流行った時期があったと聞いたことがありますが、それは何年も前です。

 

 

 

では今の若者の髪型はどんな感じなのか、また同じ年代の韓国人、台湾人、中国人たちの髪型はどんな感じなのか、個人的の印象だけで分析していきます。

(留学で出会った友達、バイト先の外国人観光客からの印象を基に分析していきます)

僕の中のイメージをヘタクソな絵で表現してみました。これを基に分析いたします。

日本

はい、我らが日本です。日本男子は全体的に刈り上げ部分が少なく、他国と比べると長髪の傾向があります。特に前髪は眉毛まで伸び急カーブするようにクイッと曲がる模様ですね。そしてそのまま眉毛と並行に流れるようなスタイル。最近は耳周りはツーブロックでスッキリさせる人が多めです。

 

韓国

隣国の韓国ですが、耳周りと襟足の部分はしっかり刈り上げで、刈り上げ部分も高めです。そしてトップ部分はあまり梳かずしっかり残して、前髪は眉のちょい上。結構ふわふわに仕上げている模様。正直お坊ちゃんっぽい感じもしますが、K-POPのイケメンスターみたいに似合っているとカッコイイです。

 

台湾

留学中によくみかけた髪型でした。横と後頭部を5ミリくらいにガッツリ刈り上げそして長い前髪をしっかりオールバック欧米で流行っている髪型を真似たものだと思われます。僕もこの髪型はかっこよくて男らしいなと思います。ですが、とりあえず横と後ろ刈って前髪を後ろにすりゃーええだろ、みたいな人も多々いる模様です。(決して悪口ではなく、バカにしているわけでもないので悪しからず。台湾大好き)

 

中国

最後は中国ですね。一番イメージが沸きにくかったのですが、イメージが沸きにくいということは、特徴が無いということです。チャラチャラした感じはなく、とりあえず無難に短くした感じです。また、日本男子や台湾男子(オールバック系)はワックスを使用している人は多めですが、韓国男子や中国男子はあまり使わない傾向にあります。スポーツ刈りの人が多いように感じます。

結論、中国人はチャラチャラしないイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、僕個人だけの印象で分析させてもらいましたが、あながち間違っていないのかなと思っています(笑) 何百人もの韓国人、台湾人、中国人を見てきたので自信があります、ですがあくまでも僕の中のイメージですので、全員が全員僕のイメージ通りの髪型はしてません。割合的に多い感じですね。気になる方は是非探ってみてください!

 

 

ちなみに僕はベリーショートの短髪ボーイです。

 

謝謝大家收看我的部落m(__)m