Mypace-Taiwan

自分の勉強も兼ねて中国語の紹介記事、台湾記事、思ったこと等をを赤裸々に綴っていきます。

「留学時は日本人とつるまない」は効果があるのかどうか真剣に考えてみる。

どうも臭豆腐です。

 

 

 

 現在台湾に住んでいます。というのも、大学生活(正規留学)が始まりそれで住んでいるわけですが、今回も寮に住むことになりました。4人部屋です。去年語学留学をしたときにも寮生活でしたが、その時は2人部屋でした。今回は狭くなるなーと思いながらも、台湾人若しくは他の外国人と生活ができることに期待していて、わくわくしています。

 

 

 

 

 

環境

留学する目的は人それぞれだと思いますが、やはり海外にでて現地で学校生活を送るのでしたら、友達が欲しいですよね。しかし、自分の外国語に自信を持てなかったり、ただただ人と接するのが苦手だったりすると、友達作りをするにも一苦労する人もいると思います。英語(中国語)ができないから、外国人には話しかけづらい、結局日本人としかつるまない。このパターンが多いかなと思います。

 

ここで思うんです、じゃあ留学する必要は無いじゃないかと。別に批判しているわけではないんです、僕はただ純粋にそう思うだけです語学留学でも、正規留学でも、自国で勉強することとの違いて言うのは明確にあるじゃないですか。

それは圧倒的環境です。(カイジ風)

 

外国という今までとは完全に違う環境にいるのに、それを無視するのはもったいないなと思います。言うまでもないですが、まず使用している言語が違います。自分が学びたい言語が町中にあふれている、最高の環境だと僕は思います。

 

目や耳で人から発せられる言葉や、広告やテレビで使われている表現をインプットし、試しに友達や先生を相手にアウトプットできる環境は、経験値が効率よく、そして早く得ることができるのではないのかなと思います。

 

 

 

日本人とはつるまない

そんな最高の環境にいるのに、現地の人と交流しないのはもったいないと思うのですが、では逆に、自分を鍛えるために日本人とは一切つるまない。このやりかたはどうなのか。

 

結論かいうと、そんなことはどうでもいいです。

 

自分は現地の人と、外国人の人とでしかコミュニティーを作らない、レベルの高い事をしてやる、と言うのは良いのですが、それは「日本人とはつるまない」とは関係無いかなと思います。

 

外国人の友達も作って、同じ環境で勉強している日本人とも仲良くなれば良いのではないかなと思います。他の日本人はどのように勉強しているか、どんな考えの持ち主なのか、自分と同じ考えを持って海外に飛び出したのかどうか、いい刺激をもらえれば互いに成長できると思います。

 

その日本人は、意外と自分の中にはない考え方や、概念の持ち主だったりします。海外にでればそんな人たちに出会える機会もありますので、自分の視野が広がるきっかけにもなります。

 

・いろんな人とつるむ事の方が、外国語の上達になり、自分の中の概念に新たな刺激を与え、外国語での表現力が豊かになると僕は思います。

要するに、できるだけいろんな人に出会う。これが大切かなと、留学する上ではそう思います。

 

 

 

 

今は毎日が楽しいです。つらいことはないですね、まだ(笑)またちょこちょこ記事を更新していくので、どうぞよろしくお願いします。

 

男子の友達ばっかでそろそろ息苦しい、美女(国籍問わず)絶賛お待ちしております。

謝謝大家收看我的部落m(__)m