Mypace-Taiwan

自分の勉強も兼ねて中国語の紹介記事、台湾記事、思ったこと等をを赤裸々に綴っていきます。

【台湾】正規留学1か月経過、寮生活や大学の講義について。

 どうも臭豆腐です。お久しぶりです(笑)

 

 

 

大学が始まってから約1ヶ月経ちました!結構ばたばたしていましたが、やっと落ち着いたって感じです。ていうことでまだ一ヶ月しか経っていませんが、近況報告をしようかなと思います。主に生活面や授業(講義)の雰囲気がどんな感じなのか、伝えていこうと思います。ちなみに台中のある大学に通っています。

※あくまでも僕の体験であり、大学によっては異なる部分もあるので悪しからず。

 

 

 

寮生活

 ・文字通り寮に住んでいます。留学する方にとってアパートを借りて住むか、寮に住むかは、悩みどころだと思います。僕が寮に住もうと思ったのは、ただただ友達が欲しかった、もう一つは、中国語又は英語でコミュニケーションをとる機会を増やしたかったからです。

 ・では、トラブルが起きたり、現地の習慣に慣れないのでは?と思う方もいると思います。個人的な意見ですが、まず異文化・習慣に触れるのも留学のうちだと思っているので、トイレでの使用済みティッシュを流せない(ゴミ箱に捨てる)ことや、マリオカートかなって思ってしまう台湾人の危なっかしい運転道のよこ(路邊攤)でおばちゃんが堂々と皿洗いしていること全てが台湾で新鮮で面白いなって感じています。

 ・ルーム内でも異文化を感じたりすることがありますが、それがトラブルにつながったりするかと言えば、正直人によります。幸い僕のルームメイトは全員(3人)良い人でした。お互いに物を貸し借り出来る仲です。ちなみにルームメイトは全員台湾人で(4人部屋)、隣の部屋はモンゴル人、斜め前はマレーシア人、その横は南アフリカ人と、意外と外国人学生も沢山寮に住んでいます。

 

 

 

 1日の食費

・学生なのでできるだけ節約しようと心がけています。僕は基本的は外食で済ましたり、外で買って部屋で食べるスタイルです。簡易キッチンはありますが、作る時間がもったいないのと、まず料理できません(笑)外食と言っても値段は高が知れています。一日200元以内で収まります。(※個人差あり

・ローカルの屋台だと注文の仕方がわからなかったり、見た目があんまりっていう人もおられるかもしれないですが、早く安く済ますことができるのでお勧めです。僕の場合、朝食だと豆漿(豆乳)とサンドウィッチで50元(約200円)ですね。だいたい70元以内(約280円)で抑えれると思います。

 

 

 

講義

・分かっていいましたが、やっぱりきついなって思ったことが1つ→国語以外の科目の教科書が英語。アメリカの教科書をそのまま使っているので、すべて英語表記です。教授は中国語で話しますが、教科書は英語っていう、中国語のリスニングと英語のリーディングを同時に受けているようです(笑)重要な点は中国語で黒板に書いてくれますが、自分で復習する際は英語の教科書を自力で読むことになります。

・All Englishクラスが自分の学部にはあるのですが、そのクラスは文字通り国語以外の講義は英語で行われます。

・普通は中国語で行われますが、ではどのくらいの中国語能力が必要なのか。正直に答えますと、リスニング能力だけで言うと台湾人と冗談を交えて話せるくらいの能力が必要だと思います。台湾人との会話でいつも受け身になっているくらいだとキツイかなと思います。教授が全て直線的に教えてくれるわけではなく、時には比喩を使ったり、あえて遠回しに教えたり、例えを沢山使って話すので、HSK4級やTOCFL中級(台湾のHSKだと思ってください)を取得している方でもなかなか厳しいじゃないかなって思います。しかし教科書は英語表記で、テストも英語で行われるので、英語に自信がある人はテストの点数はとれるかなと思います(僕は英語できません)。

 

 

 

もうすぐ中間テストがやってきます。大学一発目のテスト、カッチリこなしていきたいと思います。(経済学の小テスト55点やったけど大丈夫か自分)

 

謝謝大家收看我的部落 m(__)m

 

mypace-chinese.hatenablog.com